2020.1.7 11:25

交通事故のDeNA・D3位、伊勢が謝罪「自覚を持った行動をしていきたい」

交通事故のDeNA・D3位、伊勢が謝罪「自覚を持った行動をしていきたい」

特集:
2020新人情報
入寮から一夜明け取材対応する伊勢大夢=横須賀市(撮影・塩浦孝明)

入寮から一夜明け取材対応する伊勢大夢=横須賀市(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 入寮前に交通事故を起こしていたことが分かったDeNAのドラフト3位・伊勢大夢投手(明大)が7日、横須賀市の「青星寮」で取材に応じた。前日夜に入寮した伊勢はスーツ姿で「自分の運転によりけがに遭われた方、関係者の方々、本当に申し訳ありませんでした。今後はプロ野球選手として自覚を持った行動をしていきたい」と頭を下げた。

 伊勢は1月4日午後、故郷の熊本県内を運転中に、交差点を直進した際に対向車線の右折車と衝突した。首、胸、手首に打撲やむち打ちの症状があり、特に胸はエアバッグの衝撃で痛みが強かったというが「だいぶ引いてきた。キャンプには間に合うと思う」。8日から始まる新人合同自主トレには参加するが、メニューは状態を見て判断する。

 伊勢は最速150キロを超える直球を武器に東京六大学リーグで活躍。プロではリリーフとして期待されている。プロでの門出に際し「リリーフとして登板50試合を目標に頑張っていきたい」と誓った。 

  • 入寮から一夜明け取材対応の冒頭で交通事故を起こした事を謝罪する伊勢大夢=横須賀市(撮影・塩浦孝明)