2020.1.5 05:05(1/2ページ)

ヤクルト、今秋ドラフト候補に『サニブラウンに勝った男』中大・五十幡リストアップ!

ヤクルト、今秋ドラフト候補に『サニブラウンに勝った男』中大・五十幡リストアップ!

特集:
侍ジャパン
ゴロの打球を放ち、一塁を駆け抜ける五十幡(右)。スピードスター候補にヤクルトが熱視線を送る

ゴロの打球を放ち、一塁を駆け抜ける五十幡(右)。スピードスター候補にヤクルトが熱視線を送る【拡大】

 ヤクルトが、今秋のドラフト会議に向けて中大・五十幡亮汰外野手(3年)をリストアップしたことが4日、分かった。陸上男子100メートルの日本記録(9秒97)を持ち、東京五輪でメダル獲得が期待されるサニブラウン・ハキーム(20)を中学時代に陸上の全国大会で破って優勝した俊足の持ち主。スワローズジュニアに在籍した経歴もある『サニブラウンに勝った男』を注視する。

 今秋のドラフトで、ヤクルトが『サニブラウンに勝った男』を指名する可能性が出てきた。球団関係者が中大・五十幡をリストアップしていることを明かした。

 「一番の魅力は足。今まで見た中でトップ。こんなに速い選手は見たことがないというレベル。最近はスラッガー系を指名してきたので、韋駄天系は補強ポイントにも合致する」

 “神足”を誇る逸材だ。陸上部にも所属した埼玉・長野中3年時には、全国中学陸上競技選手権大会に出場。東京五輪でメダル獲得が期待されるサニブラウンを100メートルと200メートルで破り、2冠に輝いた実績がある。

 外野手に加え、遊撃手も務めた栃木・佐野日大高時代も、甲子園出場こそ果たせなかったが、その脚力は注目されていた。さきの球団関係者は「(チーム最速の)塩見より速いかもしれない。(元阪神・赤星氏にも)匹敵する」と証言する。

 五十幡は、50メートル走の手動計測で5秒6の記録も持つ。これは昨季25盗塁をマークし、昨年11月の国際大会「プレミア12」で侍ジャパンの代走の切り札として活躍した周東(ソフトバンク)の5秒7を上回る数字だ。

【続きを読む】

  • 中大・五十端亮汰外野手