2019.12.27 05:01

ヤクルト、ドラフト上位候補として明石商・来田ら高評価

ヤクルト、ドラフト上位候補として明石商・来田ら高評価

 ヤクルトが来秋のドラフトに向けて横浜高・度会隆輝内野手(2年)をリストアップしていることが26日、分かった。

 来秋ドラフトの上位候補としては、高校生では2年春、夏の甲子園で連続4強入りした兵庫・明石商の1番打者・来田涼斗外野手、同じく明石商の最速151キロ右腕・中森俊介投手の評価が高い。大学生では左打ちの強打者で俊足も誇る佐藤輝明内野手(近大)、奈良・智弁学園時代の16年春に選抜優勝を果たした右腕・村上頌樹投手(東洋大)、最速150キロ左腕・早川隆久投手(早大)らの名前が挙がる。