2019.12.15 05:03(1/2ページ)

阪神・北條、コテコテ決めゼリフやります!虎の声出し番長が先輩たちの名言を超える

阪神・北條、コテコテ決めゼリフやります!虎の声出し番長が先輩たちの名言を超える

北條(右)はコラントッテ社の磁気ネックレスをつけて梅野とトークショーを行った(撮影・宮沢宗士郎)

北條(右)はコラントッテ社の磁気ネックレスをつけて梅野とトークショーを行った(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 医療機器メーカーのコラントッテ社と契約する阪神・北條史也内野手(25)と梅野隆太郎捕手(28)が14日、なんばパークスで行われたトークショーに参加。北條はファンから決めゼリフを作ることを求められると「やるときはやります」と約束した。堺市出身の正遊撃手候補。コテコテの関西弁が飛び出す!?

 たったひと言でいい。そうすればファンは球場にいく楽しみが増えて、もっともっと応援する。ナニワのど真ん中で、虎党らしい鋭い質問が壇上の北條へと飛んできた。

 「梅野選手はヒーローインタビューで『あしたも勝つばい』がありますが、北條選手は何か作らないんですか? 作ってほしいです」

 契約するコラントッテ社のイベントに梅野と参加。質疑応答のコーナーで自ら箱から紙を取り出し、読み上げた。

 「(決めゼリフは)やるときはやります。トレーナーの方が、めっちゃいってくるんですよ…。梅野さんは『勝つばい』で『お前も関西弁で何かしろよ』みたいな…」

 北條はすでに“発注”があったことを明かした。「何も考えていないです。(関西弁は)汚いし…」と今の段階では具体案はないようすだが大阪・堺市出身の北條に決めゼリフが定着すれば、甲子園も盛り上がる。

 隣に座っていた福岡出身の梅野は「あしたも勝つばい」が今季から定着。打撃3部門でキャリアハイや2年連続でゴールデングラブ賞などパフォーマンスに恥じない成績を残してきた。決めゼリフこそ、レギュラーの証でもある。北條も「スタメンを増やしたい」と明確な目標を誓った。

【続きを読む】

  • 【阪神の主な決めゼリフ】必死のパッチ
  • 【阪神の主な決めゼリフ】ウオー!
  • 【阪神の主な決めゼリフ】ハンシンファンハ、イチバンヤァ~