2019.12.15 05:02(1/2ページ)

高橋礼、鷹先発の柱譲らん!ハワイで誓い「完投できる体力を」

高橋礼、鷹先発の柱譲らん!ハワイで誓い「完投できる体力を」

工藤監督(手前)とゴルフを楽しんだ高橋礼(撮影・安藤理)

工藤監督(手前)とゴルフを楽しんだ高橋礼(撮影・安藤理)【拡大】

 【ホノルル(米ハワイ州)13日(日本時間14日)=安藤理】日本一記念旅行中のソフトバンクはゴルフコンペを開催。パ・リーグ新人王の高橋礼投手(24)は工藤公康監督(56)と同組でプレーし、来季も先発の柱としての活躍を誓った。

 快晴の下、汗びっしょり。親子のように隣で肌を焦がす将の期待を直に受け取った。高橋礼は工藤監督と同組でゴルフを終えると、常に笑顔だった表情を引き締めた。

 「(東浜)巨さんやバンデンハークにも(立場を)譲りたくないです」

 今季は12勝で新人王に輝いたが、開幕時は先発の5、6番手。本来の軸である東浜、バンデンハークらの故障の穴を埋めたとはいえ、立場が確約されたわけではない。工藤監督も「今までいた人が戻ることも期待して」と構想を描いたが、今季後半は千賀と2本柱を形成したサブマリンが「待った」-。さらなる成長を誓った。

【続きを読む】