2019.12.14 05:03(1/2ページ)

“代打王”高井保弘氏死す…阪急支えた世界記録の通算代打本塁打27本

“代打王”高井保弘氏死す…阪急支えた世界記録の通算代打本塁打27本

腎不全のため74歳で死去した高井氏。代打本塁打は27本の世界記録を持つ

腎不全のため74歳で死去した高井氏。代打本塁打は27本の世界記録を持つ【拡大】

 阪急(現オリックス)で歴代最多の27本の代打本塁打を放った高井保弘氏が13日午前9時44分、腎不全のため兵庫・西宮市の病院で死去した。74歳。オリックス球団が発表した。葬儀・告別式は15日午後0時半から西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は妻・安枝(やすえ)さん。

 昭和の野球史を彩った侍が、天国へ旅立った。高井氏が13日午前、息を引き取った。数年前から内臓の状態が悪く、今年2月から入院していた。

 一振りにかけた代打人生だった。1964年に阪急に入団し、積み重ねた代打本塁打27本はマット・ステアーズの米大リーグ記録(23本)を上回る“世界記録”。「世界の代打男」の異名を取った。77年にはDHでベストナインに輝き、82年に現役引退するまで通算130本塁打、446打点の記録を残した。

 生き抜くためにつくったのが投手のクセを書き込んだ研究ノートだった。チームメートで、野球博士といわれたダリル・スペンサーに教わったもので、74年のオールスターで放った“伝説の一発”で、それは実った。

 同年は前半戦で5本の代打本塁打を放ち、監督推薦で球宴に初出場。「打てんかったらレギュラーでもない自分を選んでくれた野村(克也)監督に恥をかかせる」との思いで迎えた7月21日の第1戦。1-2の九回1死一塁で、後楽園の左中間席に球宴史上初の代打逆転サヨナラ弾を打ち込み、MVPに輝いた。

【続きを読む】

  • 松岡弘投手から史上初の代打逆転サヨナラ本塁打を放った高井保弘=東京都文京区の後楽園球場=1974年7月21日撮影
  • 2013年当時の高井氏。投手の癖や配球の特徴を各球団ごとにノートに残し、活躍につなげた
  • 高井保弘の年度別打撃成績