2019.12.13 05:02(1/2ページ)

阪神・西、現状維持で更改 谷本副社長から“謝罪”「もう少し打つようにするので…」

阪神・西、現状維持で更改 谷本副社長から“謝罪”「もう少し打つようにするので…」

西は球団からの言葉に感謝。でも、球団は西にゴメンね!?

西は球団からの言葉に感謝。でも、球団は西にゴメンね!?【拡大】

 4年契約1年目の阪神・西勇輝投手(29)は12日、現状維持の2億円でサイン。球団から打線のバックアップがなかったことを“謝罪”された。

 西がいなかったら、どんなシーズンになっていたか。奇跡のクライマックスシリーズ進出の原動力となった右腕は虎移籍1年目を終え、トレードマークの笑顔で契約更改に臨んだ。

 「『本当に来てくれてよかった』といってくれました。本当にうれしい言葉でしたし、1年間、投げきることができたのでよかったです」

 だが、交渉の舞台裏では思わぬ“謝罪”があった。谷本球団副社長兼本部長は「『(来季は)もう少し打つので』といっておきました。打つようにするので…と」と伝えたことを明かした。

 4年契約の1年目は26試合に登板し、チームトップの10勝(8敗)を挙げて防御率2・92。キャリアハイの172回1/3を投げ、9月には4連勝でCS進出に貢献、月間MVPにも選ばれた。

【続きを読む】