2019.12.11 13:36

オリックス、アダム・ジョーンズと2年総額約8億7200万円プラス出来高で契約

オリックス、アダム・ジョーンズと2年総額約8億7200万円プラス出来高で契約

オリックス入団が決まったアダム・ジョーンズ(右)と福良GM

オリックス入団が決まったアダム・ジョーンズ(右)と福良GM【拡大】

 オリックスは11日、来季の新外国人として、米大リーグ通算282本塁打のアダム・ジョーンズ外野手(34)=ダイヤモンドバックスFA=の獲得を発表した。契約年数は2年で、年俸は2年総額800万ドルプラス出来高200万ドル(約8億7200万円プラス出来高2億1800万円、金額は推定)。背番号は「10」。

 交渉した福良ゼネラルマネジャー(GM)は「大物を取れた。本人のためにも球団のためにも必ず成功してほしい。そのためにわれわれがいろんなバックアップをしないといけない」とコメントした。

 ジョーンズは2006年にマリナーズでメジャーデビューし、08年に移籍したオリオールズではオールスターに5度、選出されるなど大活躍。17年には米国代表として、ワールド・ベースボール・クラシックの初制覇に貢献した。

 今季はダイヤモンドバックスに移籍し、137試合に出場。打率は・260、16本塁打、67打点をマークし、メジャーの舞台で11年連続2桁本塁打を記録した。メジャー通算成績は1823試合で打率・277、1939安打、945打点。球団史上でも最大級の大物メジャーリーガーの入団となった。

 球団側は来年の東京五輪出場も容認。同GMは「うちとしては日本人と同じ扱いで、体に問題なければいい」とし、「(米国代表の)出場権が決まってからの話」と説明した。

 これに伴い、大城は背番号「10」から「9」に変更となる。