2019.12.10 17:21

広島・野村、現状維持の年俸1億2000万円プラス出来高の2年契約でサイン

広島・野村、現状維持の年俸1億2000万円プラス出来高の2年契約でサイン

 広島・野村祐輔投手(30)が10日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、現状維持の年俸1億2000万円プラス出来高払いの2年契約でサインした。

 10月に今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、カープ残留を表明した右腕は「(球団から)1年間先発ローテーションを回ってほしいと言われた。期待に応えられるようにしたい」と闘志を燃やした。

 今季6勝5敗、防御率4・06。6月には約1カ月、2軍調整をするなどフォームに苦しみ、2年連続で規定投球回に届かなかった。もともと2年周期の“隔年病”の傾向があるため、ここ2年は不振だった分、来季から2年は期待できる。

 「1年間ローテを守って、自分の力を発揮したい」。“投げる精密機械”と呼ばれるほど、制球力の高い右腕がスランプを乗り越えて、反撃ののろしを上げる。