2019.12.10 08:00

【なるべく週刊エモト】世界がビックリするような立派な球場を

【なるべく週刊エモト】

世界がビックリするような立派な球場を

特集:
なるべく週刊エモト
江本孟紀氏

江本孟紀氏【拡大】

 「観光立国をそのままスポーツ立国に」。サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(72)が、国策レベルの提言をぶち上げた。その裏には、菅義偉官房長官(71)との関係が-。スケールの大きな話ですぞ。 (構成=内井義隆)

 --官房長官、ですか

 「たまたま先日、菅さんとお会いしてね。その菅さんが『観光立国を推進し、2030年には6000万人の訪日客を誘致したい』と発言されたことがニュースになっていた」

 --はい

 「そのためには『国も支援して、訪日富裕層向けの高級ホテルを50カ所、全国に新設し、経済効果を上げていきたい』などと話されていたことも思い出したんだ」

 --そうでしたか

 「そこで、だ。観光立国をそのまま、スポーツ立国に置き換えてみては、どうだろう」

 --そこですか

 「来年の東京五輪を弾みに、よりスポーツ振興の支援態勢ができあがればいい。そうなれば、我らが野球も、だよ」

 --やはり、そこにもきますか

 「世界がビックリするような立派な球場を、ホテル新設目標の50カ所…とはいわないまでも、20カ所くらいに建てる」

 --ドーンときましたね

 「やがてくるであろう、青少年の野球離れへの対策になるし、何より球界にとどまらず、経済効果にも好影響が出るんじゃないかな」

 --今年はラグビーW杯をはじめ、国内でのスポーツイベントが大当たりしましたからね

 「10月末の週刊エモトでも『ようやくスポーツ立国といえるようになってきた』と言ったよね。その勢いを止めず、国策として掲げていただきたい。菅さんにお会いしたとき、お願いしておけばよかったなあ」

 --江本さんは参院議員時代、スポーツ振興の旗頭でしたから、その思いはなおさらでしょう

 「菅さんはやはり、次期総理候補だけあって、国の将来について、しっかりとしたビジョンを持って発言されている。同じ法大OBでもあるし、ホント、国策として、お願いしたいよね」