2019.12.9 05:01

阪神育成D1・小野寺、『地元に恩返しスペシャル』に参加「先輩に緊張」

阪神育成D1・小野寺、『地元に恩返しスペシャル』に参加「先輩に緊張」

特集:
2019ドラフト情報
子供たちに走塁のやり方を見せる小野寺(右)。初の先生役を務めた

子供たちに走塁のやり方を見せる小野寺(右)。初の先生役を務めた【拡大】

 阪神の育成ドラフト1位・小野寺暖外野手(21)=大商大=が8日、奈良・三宅町で行われた「プロ野球・奈良県人会 地元に恩返しスペシャル」に参加した。

 生まれ育った奈良の小学生相手の野球教室ではDeNA・三浦大輔2軍監督(45)、ロッテ・荻野貴司外野手(34)ら奈良出身プロとともに初の先生役。「プロ野球選手の先輩方に会って緊張しました」と自身もプロ野球選手になったことを忘れて?大興奮。荻野との不思議な縁も明かした。

 「8年前に参加した野球教室で荻野さんに教えてもらいました。ことしの秋季リーグの前に偶然見つけた、グリップが太めの自分にピッタリのバットが荻野さんモデルでした」

 そのバットでプロでも勝負するという。荻野から「一日一日を大事に。けがしないように」と助言を受けた虎のルーキーは「『小野寺さんに教えてもらった』と言ってもらえる選手になりたい」と誓いを立てていた。 (上田雅昭)

★奈良県人会参加メンバー

 三浦大輔(DeNA2軍監督)、岡崎太一(阪神)、荻野貴司(ロッテ)、太田椋(オリックス)、小野寺暖(阪神)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へドラフト情報へ