2019.12.9 05:01

上原浩治氏が『引退パーティー』出席、浪商学園理事長「大体大の監督になって」

上原浩治氏が『引退パーティー』出席、浪商学園理事長「大体大の監督になって」

大阪体育大野球部主催の引退パーティーに出席し乾杯する上原浩治氏(中央)。左は藤瀬史朗OB会長=大阪市内のホテル(撮影・門井聡)

大阪体育大野球部主催の引退パーティーに出席し乾杯する上原浩治氏(中央)。左は藤瀬史朗OB会長=大阪市内のホテル(撮影・門井聡)【拡大】

 巨人や米大リーグ・レッドソックスなどで活躍し、5月に現役を引退した上原浩治氏(44)が8日、母校の大体大野球部OB会が大阪市内で催した「引退パーティー」に出席した。

 母体の浪商学園・野田賢治理事長が「今後の去就が気になるが、大体大の監督になってほしい」とあいさつ。アマチュアでの指導に意欲を示していることから熱望されたが、上原氏は「今は何がやりたいか分からない。何も決まっていない」と現状を説明し「まず専用グラウンドをつくってもらわないと。選手が集まるように」と提言した。

 パーティーにはOB会長の元近鉄・藤瀬史朗氏(66)、日本ハム・村田透投手(34)ら約230人が出席した。(宮本圭一郎)

  • 大阪体育大野球部主催の引退パーティーに出席し笑顔を見せる上原浩治氏=大阪市内のホテル(撮影・門井聡)