2019.12.8 05:01

巨人来春キャンプは実戦漬け 原監督、2・1までに体作り「ノルマ」

巨人来春キャンプは実戦漬け 原監督、2・1までに体作り「ノルマ」

あいさつする巨人・原辰徳監督 =文京区の東京ドームホテル(撮影・荒木孝雄)

あいさつする巨人・原辰徳監督 =文京区の東京ドームホテル(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人・原辰徳監督(61)が7日、来年の春季キャンプは「実戦が多くなる」と“実戦漬けの那覇”を予告した。

 1軍は2月14日に宮崎から移動し、翌15日から11日間の那覇キャンプがスタートする。東京五輪の影響で開幕が例年より9日早まるため、プロ野球のオープン戦は15日が第1戦。指揮官は「2月1日の時点で全力で走れる、投げられるのは最低限のノルマ」と選手に課した。宮崎は2軍スタート予定の坂本、丸らも“五輪シフト”で那覇から1軍に合流する見込みだ。

 この日は高橋由伸前監督(44)らとともに、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で野球教室「ファンケルキッズベースボール2019」に参加。「“さあ、来い”と声を出そう!」と呼びかけるなど、小学生ら496人を熱心に指導した。 (伊藤昇)