2019.12.7 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】選手と記者の「推定」ドラマ

【虎のソナタ】

選手と記者の「推定」ドラマ

特集:
2019ドラフト情報
虎のソナタ
契約更改し、上機嫌の新庄。発言は常に度肝を抜いていた

契約更改し、上機嫌の新庄。発言は常に度肝を抜いていた【拡大】

 この時期、必ずされる質問があります。

 「プロ野球選手の年俸に『金額は推定』と付くやろ。あれ、どうやって推定してんの?」

 選手と報道陣の間で「推定」のための質疑応答が行われます。

 「上がり幅は?」

 「いや、まあ」

 「3倍くらい?」

 「ご想像にお任せします」

 虎番の菊地峻太朗によると、この日の近本とはそんなやりとりが続き、会見後、他紙の虎番とともに「4000(万円)かな? 3倍を否定しなかったから、4500(万円)いったのかな?」。決定的なコメントはなかったので球団にも取材して関係者から「ヨン・ゴ」とヒント(?)をもらい、4500万円に昇給とまとめました。

 「ありがたかったのは金本さん(知憲氏、前阪神監督)です。毎回、金額を言ってくれました。『俺はずっと言うてきた。推定で(金額が)どんどんズレていくのが嫌なんや。隠し事は嫌なんだ』と言ってました」。本日の当番デスク阿部祐亮は「推定」の必要がなかったレジェンドのことをそう振り返りました。

 5000万円から「推定」8000万円になった岩崎も、金額は言ってくれなかったのですが、帰りのエレベーターまでついていった織原祥平たちに「サン!」。このひと言を、また球団関係者に確認すると「そう。3000万円アップ」。こういう方法で「推定」していくのです。

 まれに、大間違いの数字になることもあります。本日のサブデスク堀啓介の印象に残っているのは2001年オフの谷中真二投手(現阪神スコアラー)の契約更改です。

【続きを読む】