2019.12.6 05:02

巨人・中川、新球習得で救援陣の柱に!2・9倍増5500万円で更改

巨人・中川、新球習得で救援陣の柱に!2・9倍増5500万円で更改

特集:
侍ジャパン
明るい表情の中川。大幅アップも当然の活躍だった (撮影・谷川直之)

明るい表情の中川。大幅アップも当然の活躍だった (撮影・谷川直之)【拡大】

 巨人・中川皓太投手(25)が5日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、約2・9倍増の年俸5500万円でサインした。

 「(個人成績は)十分すぎる。1年間中継ぎで帯同していたのは僕だけ。そこは自信をもって言える。侍ジャパンでもいい経験ができました」

 4年目の今季は開幕から16試合、17イニング連続無失点を記録するなど急成長。チーム最多の67試合に登板し、4勝3敗16セーブ17ホールド、防御率2・37とブルペンを支え、5年ぶりのリーグV奪回の原動力となった。増額分については「結婚したときのために、たくさんためておきます」と笑った。

 オフは菅野のハワイ合同自主トレに4年連続で帯同する予定。11月のプレミア12でともに世界一になったDeNA・山崎のツーシーム、同・今永のチェンジアップなどを参考に、落ちる球の習得にも挑戦する。真っすぐ、スライダーに次ぐ新たな武器を探す。

 「来年も60試合以上登板したい」と中川。頼もしさを増した左腕が、救援陣の柱となる覚悟を口にした。 (谷川直之)

1000万円増の年俸8500万円で更改した巨人・田口「先発の準備をしながら、今年培ったものを技術に変えられるように。(投球回)180イニング以上を目指したい」

契約更改へ