2019.12.5 05:03(1/2ページ)

登り続ける37歳シーズン!阪神・岩田、日本一左腕へ富士山体感トレ

登り続ける37歳シーズン!阪神・岩田、日本一左腕へ富士山体感トレ

“高地トレ”を行っていることを明かした岩田。富士山まであと少しだ

“高地トレ”を行っていることを明かした岩田。富士山まであと少しだ【拡大】

 阪神・岩田稔投手(36)は4日、現状維持の3800万円でサイン。来季に向けて“高地トレ”を導入していることを明かした。

 良かった年、苦しんだ年、いろんなシーズンを過ごしてきたベテラン岩田ならではの公表だ。

 「14年やってきて、初めての現状維持です」

 3800万円からの増減はなし。ただ、春先からローテの一角を担った働きは貴重だった。3勝4敗、防御率4・52という数字より、14試合すべて先発で77回2/3投げたという数字に、復活気配が見え隠れする。4月18日のヤクルト戦(神宮)では4年ぶりの完投も。

 「でも、現状維持は衰退なので…。まだまだやれると思っています」

 言い切った背景には、新たに取り入れたトレーニングの効果がある。10月末から大阪市内の高地トレジムに通い、低酸素環境でのトレーニングを続けている。

 「走ること中心ですが、汗のかき方とかが全然違います。30分走って、(屋外を走るより)効果が4倍あるんです」

 空間をまるごと酸素の薄い高地環境にすることで細胞が活性化し、運動効果がアップする。日を追うごとに低酸素のレベルを上げている岩田は、前日には標高3600メートルの酸素濃度まで到達。日本一の富士山(3776メートル)まであと少しだ。

【続きを読む】

  • 現状維持でサインした岩田。来季はフルシーズンの活躍を誓った(撮影・二星昭子)