2019.12.5 05:01

阪神・近本ら、社会貢献へ意欲 新人選手研修会に参加

阪神・近本ら、社会貢献へ意欲 新人選手研修会に参加

新人選手研修会に臨む近本光司、木浪聖也ら=甲子園球場(撮影・松永渉平)

新人選手研修会に臨む近本光司、木浪聖也ら=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神は4日、西宮市内の球団施設で昨年のドラフト指名選手らを対象にした「新人選手研修会」を行い、近本光司外野手(25)が将来的な社会貢献活動へ意欲をみせた。

 「初めに(揚塩)社長が社会貢献活動を1年目からすることが大事とおっしゃっていました。どういう形かわかりませんが、何かを残したい」

 メディア対応や安藤育成コーチのプロの心構えなどの講習を終え、虎の盗塁王が“夢プラン”を披露した。あこがれの赤星憲広氏は現役時代に盗塁数に応じて車いすを寄贈する活動を行っていた。

 「それは知っていました。(自身も)何かはしたいですね。社会貢献活動は幅広い方に喜んでもらえる」。具体的な内容は思案を続けるが、プロ野球選手として新たな刺激をもらった様子だった。(新里公章)