2019.12.5 05:04(1/3ページ)

西武・森、2億円!MVP男も思わず「ビビった」古田に並ぶ捕手史上最速

西武・森、2億円!MVP男も思わず「ビビった」古田に並ぶ捕手史上最速

高卒捕手では史上最速の年俸2億円到達。王冠に「本日の主役」のたすきが妙に似合う?! (撮影・今野顕)

高卒捕手では史上最速の年俸2億円到達。王冠に「本日の主役」のたすきが妙に似合う?! (撮影・今野顕)【拡大】

 パ・リーグMVPの西武・森友哉捕手(24)が4日、埼玉・所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億2000万円増の来季年俸2億円でサインした。高卒捕手ではダイエー・城島健司を抜いて、史上最速で2億円に到達。新選手会長は、前日3日に14年ぶりの古巣復帰が決まった松坂大輔投手(39)との“夢バッテリー”結成にもイメージを膨らせた。

 カメラマンたちの要望にも笑顔で応じた。王冠をかぶり、肩からは「本日の主役」のたすき。パ・リーグMVPの森が、バラ色のオフを迎えた。

 「ちょっと、ビビりましたね…。今シーズンに関しては満足しています」

 得点圏打率・411の勝負強さで、相手エースを震え上がらせた森もアッと驚く大幅昇給だ。1億2000万円増で、一気に2億円プレーヤーの仲間入りを果たした。

 来季で高卒7年目。年俸2億円到達は、同8年目のダイエー・城島健司(2億3500万円)を超える史上最速。社会人を経てプロ入りした1996年のヤクルト・古田敦也にも並んだ。

【続きを読む】

  • 西武・森友哉捕手
  • 古田敦也