2019.12.5 05:02

巨人・菅野サンタ、日本一約束!闘病中の子供たちとクリスマス会

巨人・菅野サンタ、日本一約束!闘病中の子供たちとクリスマス会

特集:
菅野智之
右から菅野、大城、中川。東海大OBの3人が同大医学部付属病院を訪問した=球団提供

右から菅野、大城、中川。東海大OBの3人が同大医学部付属病院を訪問した=球団提供【拡大】

 巨人・菅野智之投手(30)と中川皓太投手(25)、大城卓三捕手(26)が4日、神奈川・伊勢原市の東海大医学部付属病院の院内学級を訪れ、長期入院を伴う病気と闘う子供たちのクリスマス会に参加した。

 「つらい治療だったりとかあると思うんですけど、『僕たちは来年日本一になってここに戻ってくるから』という約束はしました」

 東海大出身の3人は子供たちと約2時間の交流。6度目の訪問となった菅野は充実した表情を浮かべた。自身は学生時代も含めて日本一の経験がない。初の頂点へ、来季もエースとして先頭に立つ覚悟だ。

 「(日本一は)自分の悲願でもありますし、(坂本)勇人さんとも『日本一になりたい。銀座でパレードしたい』という話を常々しているので、何とか達成したい」

 今季は腰痛に苦しみながらも11勝(6敗)を挙げたが、決して満足はしていない。「若干苦しいシーズンでもあった。でも、やっぱり、子供たちと触れあうと、本当にちっぽけなことだなと思います」。来季は3年連続6度目の開幕投手を任されるエースが、フル回転で悲願を成就させる。 (赤尾裕希)

★大城と中川も交流

 初の訪問となった大城と中川も、菅野とともに約2時間、子供たちと交流した。今季67試合に登板し、11月には日本代表の一員として「プレミア12」初制覇に貢献した中川は「(訪問が)来年のシーズン中にもパワーになると感じました」。来季、正捕手奪取を狙う大城も「逆に勇気と元気をもらった。とても有意義な一日でした」とうなずいた。