2019.12.4 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】「新庄や」「イチローや」ド派手見出しから1年

【虎のソナタ】

「新庄や」「イチローや」ド派手見出しから1年

特集:
虎のソナタ
昨年12月4日のサンケイスポーツ1面。近本らの入団会見からあっという間に1年が経った

昨年12月4日のサンケイスポーツ1面。近本らの入団会見からあっという間に1年が経った【拡大】

 理化学研究所と富士通が共同開発をしているスーパーコンピューター「富岳」が、神戸・ポートアイランドの理化学研究所へ搬入される作業が始まった。これは理研のスパコン「京」(けい)の後継機で国も1100億円を投資しているそうだ。

 もうこの辺から「今朝の虎ソナはなんじゃらほい…俺は忙しいのに…」と思われた方も多いでしようが、もちっとガマンしてください。従来の約100倍以上の性能で、人工知能(AI)などいろんなことに役立つんだそうデス…。

 いまだにスマホすら使いこなせずにジタバタしている私めは「どーせぇっちゅうんや」と思うのでありますが、多分…その「富岳」というスパコンに「阪神が優勝するには何をどうすりゃエエねん」と質問してもどないなるんやろか…。

 まずデータ入力が難しい。そんなもん、もう何十年も前から誰でも言うてることでしようが…でも、マジな話、ちょっとそういう“質問”をしてみたいと思う。

 実はこの3日はちょうど1年前、矢野阪神の新入団選手のお披露目の日でございました。覚えてますか。サンスポの1面は近本光司外野手。この時の近本はその2日前に中学時代の同級生だった未夢さんと挙式したばかり。つまり結婚と阪神のドラ1としての絨毯を歩み始めたばかり。

 彼はキッパリと「赤星さんの新人王と盗塁王を目指します!」と宣言した。背番号は新庄剛志がつけていた「5」を背中に、サンスポの整理部が「新庄や!」「イチローや」とド派手な見出しをつけるものだから、あきれるほどトラ番をやってきた私めは内心で「近本に余計なプレッシャーをかけなきゃいいのに…」と、同じ編集局にいながらそう思ってました。今だから言うけど…。

【続きを読む】