2019.12.4 05:01

侍ジャパン・稲葉監督が野球殿堂候補に 高田繁氏や「ドカベン」水島新司氏も

侍ジャパン・稲葉監督が野球殿堂候補に 高田繁氏や「ドカベン」水島新司氏も

特集:
侍ジャパン

 野球殿堂博物館(東京・文京区)は3日、2020年度競技者表彰の候補者名簿を発表し、現役引退から5年以上が経過した元プロが対象となるプレーヤー表彰は、通算2167安打を放った日本代表の稲葉篤紀監督(49)ら4人が新たに入り、計21人となった。

 指導者としての実績も加味するエキスパート表彰では、一度候補から外れていた元日本ハム、ヤクルト監督の高田繁氏(74)が、DeNAでゼネラルマネジャー(GM)を務めた実績を考慮され復帰するなど16人に。審判員やアマを含め球界に貢献した人が対象となる特別表彰の候補者も初めて公表され、漫画家の水島新司氏(80)らが名を連ねた。

 殿堂入りは各表彰の委員による投票で決まり、来年1月14日に発表される。