2019.12.4 05:03

足で稼いだ!ソフトバンク・周東、600万円から2000万円へ233%UP

足で稼いだ!ソフトバンク・周東、600万円から2000万円へ233%UP

足で稼いだ1400万円アップ。周東はサンタ姿でハイ、ポーズ (撮影・村本聡)

足で稼いだ1400万円アップ。周東はサンタ姿でハイ、ポーズ (撮影・村本聡)【拡大】

 ソフトバンク・周東佑京内野手(23)が3日、ヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、1400万円増の年俸2000万円でサイン。代走のスペシャリストは、今季の600万円から233%のアップ率の大半を“一芸”で勝ち取った。

 「(評価されたのは)ほとんど足でした。足しか貢献していない中、高い評価をもらいました」

 開幕前に育成から支配下登録された周東が照れ笑いだ。プレミア12で世界一に貢献した脚力で大幅増をつかんだ。

 代走が主で、出場102試合のうち先発は20試合。それでも25盗塁。三笠GMは「いいところで決めてくれたのも高い評価」と説明した。

 課題は明白。打率・196(102打数20安打)の打撃だ。「打って守ってスタメンを争いたい。打率・250、出塁率・350くらいできれば、盗塁王になれると思います」と来季の目標を掲げた。

 打力強化と同時に「もっと内野を守れるように」と本職で信頼を得るため、オフは正遊撃手・今宮の元での自主トレを選んだ。「(盗塁王は)プロに入る前からの夢」と周東。黄金の足にふさわしい肩書を添えるため、まずは足場を固める。 (安藤理)

周東 佑京(しゅうとう・うきょう)

 1996(平成8)年2月10生まれ、23歳。群馬県出身。東農大二高から東農大北海道オホーツクを経て、2018年育成ドラフト2位でソフトバンク入団。昨季、ウエスタン・リーグで盗塁王(27盗塁)。今季は開幕直前に支配下登録され、4月21日の西武戦でプロ初安打となる3ランを放つなど102試合に出場、打率.196、1本塁打、6打点、25盗塁。180センチ、74キロ。右投げ左打ち。独身。来季年俸2000万円。背番号23。

契約更改へ

  • ソフトバンク・周東佑京