2019.12.3 20:15

巨人・山口、米球団と交渉解禁へ ポスティング申請完了

巨人・山口、米球団と交渉解禁へ ポスティング申請完了

ポスティングシステムの流れ

ポスティングシステムの流れ【拡大】

 プロ野球巨人の大塚淳弘球団副代表は3日、山口俊投手(32)が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの申請手続きが完了したと発表した。大塚副代表によると既に大リーグ機構(MLB)から全30球団に契約可能選手として通知されており、米東部時間3日午前8時(日本時間3日午後10時)から譲渡金を支払う意思を持つ全ての球団と30日間交渉できる。

 山口は大分・柳ケ浦高から高校生ドラフト1巡目で2006年に横浜(現DeNA)に入団。12年に通算100セーブを達成し、14年から再び先発を務め、初の2桁勝利を挙げた16年オフにフリーエージェント(FA)で巨人に移籍した。

 今季は15勝4敗でセ・リーグ最多勝、奪三振王、勝率第1位の3冠に輝き、チームの5年ぶりのリーグ優勝に貢献。通算成績は427試合で64勝58敗112セーブ、防御率3・35。

FA有資格選手へ

  • 今オフに米大リーグ移籍を目指す4選手