2019.12.3 13:05

巨人・中島大幅ダウン、1億3000万円減の2000万円でサイン

巨人・中島大幅ダウン、1億3000万円減の2000万円でサイン

巨人・中島

巨人・中島【拡大】

 巨人・中島宏之内野手(37)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉に臨み、野球協約の限度額制限(1億円を超えた場合は40%)を超える、1億3000万円減(約86%)の年俸2000万円で更改した。

 「『今年は自分が一番悔しい思いをしていると思う』と話してもらって、『また来年はチャンスがあると思うから、その競争の中でやっていこう』と。全然思うようにできず、なにもできなかったなというのが一番ですね」

 プロ17年目の今季は、プロ初出場を果たした2002年の4試合に次いで少ない43試合の出場にとどまり、打率・148、1本塁打、5打点に終わった。大幅なダウンとなったが「何もやれなかったので、ダウンは当然のこと」とキッパリ。気持ちを新たにした。

 「またユニホームを着てチャンスをもらえているので、なんとか貢献できるように。せっかくジャイアンツでやらせてもらっているので」

 来季はプロ18年目、7月には38歳を迎える中島。若手野手も多い中、再びレギュラー取りに挑む。