2019.12.1 17:51

慶大・堀井新監督が就任初日にオープン戦「日々努力していくことを求めていく」

慶大・堀井新監督が就任初日にオープン戦「日々努力していくことを求めていく」

慶大・堀井哲也新監督(右)は、就任初日に武蔵大とオープン戦を行い延長十二回引き分け(撮影・赤堀宏幸

慶大・堀井哲也新監督(右)は、就任初日に武蔵大とオープン戦を行い延長十二回引き分け(撮影・赤堀宏幸【拡大】

 東京六大学野球リーグの慶大・堀井哲也新監督(57)が正式就任した1日、横浜市港北区の慶大グラウンドで武蔵大(首都大学野球リーグ)とオープン戦を行い、延長十二回1-1で引き分けた。

 堀井監督は、慶大OBで11月まで社会人野球のJR東日本の監督として15年間指揮し、今秋の明治神宮大会優勝まで10季率いた大久保秀昭監督(50)の後任となった。

 試合後に、部員全員を集めたミーティングを行い、リーグ優勝、早慶戦に勝ち、日本一をめざすというチーム目標は変わらず、「大学野球の4年間は人格形成のための4年間で、監督としては、環境の整備を推進し、選手はコミュニケーションを大事にし、各自が目標遂行のために日々努力していくことを求めていく」という方針を示した。