2019.12.1 05:02

憧れは清原氏!東海大相模・西川、高校通算53号「80本は打ちたい」

憧れは清原氏!東海大相模・西川、高校通算53号「80本は打ちたい」

 秋季関東大会で4強入りし、来春の選抜大会出場が濃厚な東海大相模高(神奈川)が30日、富士市立高(静岡)と年内最後の練習試合を行い、18-0、6-0で連勝。来秋のドラフト候補、西川僚祐外野手(2年)が2試合で計9打数4安打4打点と活躍した。

 一発も飛び出した。第1試合の七回。右越えに2ランを運んだ。清原和博氏(52)に憧れる186センチ、92キロの右の強打者は、これが高校通算53本塁打目となった。

 同校最多は大田(現日本ハム)の65発。まずは新記録を目指し「最終的に80本は打ちたい」と意気込んだ。

 見据えるのは選抜大会の優勝。「日本一を目標にやっている。ひと冬越えて、春にどんな結果を残せるかが大事になる」と気を引き締めた。 (樋口航)