2019.12.1 05:02

巨人、Wソックス・ビエイラを本格調査 MAX167キロ右腕の26歳

巨人、Wソックス・ビエイラを本格調査 MAX167キロ右腕の26歳

 巨人が、米大リーグ・ホワイトソックスのチアゴ・ビエイラ投手(26)の獲得に向け、本格調査を行っていることが30日、分かった。最速167キロの直球が武器で、2013年のWBCではブラジル代表として守護神を務めた経験もある。

 メジャー通算は23試合で2勝1敗1セーブの救援右腕だ。巨人では今季限りでスコット・マシソン投手(35)が引退。当初は中日の左腕、ジョエリー・ロドリゲス投手(28)らの調査を進めていたが、メジャー復帰の意向が強いとみられ、ビエイラに方針転換したもようだ。

 やや制球に難があるタイプだが、26歳と若く、伸びしろも期待できる。補強に成功すれば、課題のブルペン陣の層が厚くなることは間違いない。

チアゴ・ビエイラ(Thyago Vieira)

 1993年1月7日生まれ、26歳。ブラジル・サンパウロ出身。2011年にマリナーズとマイナー契約を結び、17年にメジャーデビュー。トレードで移籍したホワイトソックスで18年からプレー。13年WBCではブラジル代表に選出された。メジャー通算成績は23試合に登板し、2勝1敗1S、防御率7・36。188センチ、95キロ。右投げ右打ち。