2019.11.30 16:27

ロッテ・佐々木、契約金1億円の年俸1600万円で入団合意「しっかり貯金したい」

ロッテ・佐々木、契約金1億円の年俸1600万円で入団合意「しっかり貯金したい」

契約交渉を終え会見で抱負を書いた色紙と背番号17の「ササキの実」を手に写真撮影に応じる大船渡・佐々木=岩手県大船渡市(撮影・矢島康弘)

契約交渉を終え会見で抱負を書いた色紙と背番号17の「ササキの実」を手に写真撮影に応じる大船渡・佐々木=岩手県大船渡市(撮影・矢島康弘)【拡大】

 ロッテからドラフト1位指名された佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=が30日、大船渡市のホテルで入団交渉に臨み、満額契約となる契約金1億円、年俸1600万円プラス出来高で合意した。

 「まだ実感はわかないけれど、これから厳しい世界に入っていくので、一生懸命頑張っていきたい」

 同ホテルでの入団契約は初。テレビカメラ10台、報道陣50人の注目が集まる中、高校球界最速163キロを誇る右腕は表情を引き締めた。

 「まずはチームの日本一を目標に、個人としては沢村賞が投手として最も高い賞だと思うので、そこを目指してやっていきたい」

 昨年のドラフト1位・藤原に続く、高卒新人での満額契約。球団の高い期待を背負う金の卵は「今まで見たことのない金額。期待も感じたので、その分しっかり頑張りたい」と語り、契約金の使い道については「しっかり貯金したいです」とした。

 背番号は同じ岩手出身で、米大リーグ・エンゼルスでプレーする大谷翔平投手(25)と同じ「17」に決定。最速170キロを目指してほしいという球団の願いが込められており「偉大な方々がつけてきた番号なので、それに見合った活躍ができるようにしたい」と意気込んだ。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へドラフト情報へ

  • 契約交渉を終え会見で背番号17の「ササキの実」を渡され笑顔を見せる大船渡・佐々木=岩手県大船渡市(撮影・矢島康弘)
  • 契約交渉の席につく大船渡・佐々木=岩手県大船渡市(撮影・矢島康弘)