2019.11.26 13:24

来季から阪神に移籍する中田が「NPB AWARDS 2019」に出席

来季から阪神に移籍する中田が「NPB AWARDS 2019」に出席

ウエスタン・リーグ最優秀防御率投手賞を受賞したソフトバンク・中田(左)=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・福島範和)

ウエスタン・リーグ最優秀防御率投手賞を受賞したソフトバンク・中田(左)=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・福島範和)【拡大】

 来季、ソフトバンクから阪神に移籍する中田賢一投手(37)が26日、東京都内で行われた「NPB AWARDS 2019」に出席。「初めて」というレッドカーペットを踏みしめ、最優秀防御率と最優秀勝率の2冠を表彰された。

 「常に1軍から呼ばれていいように準備してきたつもり。15年目でアワードは初めてなので。身が引き締まる思いです」

 今季は1軍で1試合登板だったが、ウエスタン・リーグでは21試合に登板し6勝3敗、防御率3・02、勝率・677。来季5月には38歳を迎えるベテランだが、体はまだまだ健在だ。「新天地でチームの力になれるように」。通算100勝、日本一6度という実績十分の右腕が、虎にやってくる。

  • ウエスタン・リーグ最多勝利投手賞を受賞した阪神・秋山(左)、同最優秀防御率投手賞、勝率第一位投手賞を受賞したソフトバンク・中田=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・福島範和)