2019.11.23 05:02

広島・佐々岡監督、初実戦は2・9 春季Cで紅白戦実施明言

広島・佐々岡監督、初実戦は2・9 春季Cで紅白戦実施明言

佐々岡監督は来年2月9日に初実戦を行う。早めに仕上げてくるようハッパをかけた

佐々岡監督は来年2月9日に初実戦を行う。早めに仕上げてくるようハッパをかけた【拡大】

 広島のバッテリー主催のゴルフコンペ「バッテリー会」が22日、廿日市市内で行われた。スコア77(IN40、OUT37)をたたき出した佐々岡真司新監督(52)は、2020年の初実戦が宮崎・日南市での春季キャンプの2月9日の紅白戦(天福)になることを明言。早めに仕上げることを求めた。

 今季まで投手コーチとして参加した佐々岡新監督は、来季の初実戦が2・9になると明言した。

 「(2月)9日に紅白戦を行う。1軍と2軍の振り分け、誰が投げるか決まっていないが、納会の後に、投げる覚悟を持ってやるように言う」

 来年は東京五輪が開催されるため、開幕戦(中日、マツダ)は例年より約1週間早い3月20日。将は今年より2日早い2月9日に紅白戦(天福)を実施すると予告し、早めの調整を求めた。

 開幕投手最有力の大瀬良も「開幕が早くなることは頭に入れてやりたい」と気合を入れる。正捕手の会沢も「捕手は(投手に)合わせてやっていくだけ。(日程は)関係ない」と頼もしい。

 指揮官はオフの過ごし方について「今の選手は心配ない。しっかりやってくれる」と信頼を寄せた。リーグ4位からの巻き返しへ。早くも青写真はできている。 (柏村翔)