2019.11.22 05:02(1/2ページ)

ソフトB、ヤクルト・バレ獲り動く!球団幹部「興味ある」

ソフトB、ヤクルト・バレ獲り動く!球団幹部「興味ある」

今季も豪快なスイングで本塁打を量産したバレンティン。この男がソフトバンクに加わったら…

今季も豪快なスイングで本塁打を量産したバレンティン。この男がソフトバンクに加わったら…【拡大】

 ソフトバンクがヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(35)の獲得に動くことが21日、分かった。同外野手は今季でヤクルトとの契約が満了。「条件がいいところを探したい」と話しており、今月30日で保留選手名簿から外れることが有力となっている。自由契約選手として公示される12月2日に向けて、以前から調査を進めていた常勝軍団が臨戦態勢に入る。

 球界屈指の大砲を獲得するチャンスを黙って見守る必要はない。動向が注目されるバレンティンについて、ソフトバンクの球団幹部は即答した。

 「興味あるね」

 今季も打率・280、33本塁打と好成績を残した大砲の実力は確かだ。日本球界在籍の9年間で8度の30発以上。三笠GMは常に「いい選手はすべて調査対象」と話しているが、バレンティンは今季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得したこともあり、注目していた。

 権利の行使は見送ったが、ヤクルトとの契約は今季で満了。残留交渉中の燕の球団幹部は「自由契約になって、という意向が強いと感じている」と手応えが薄く、30日に提出期限を迎える契約保留選手名簿から外れることが有力となった。名簿から外れた場合、12月2日に自由契約選手として公示され、他球団との交渉が可能になる。鷹は接触解禁に備えて本格的な準備を開始し、条件面についても「話し合います」と前向きに検討している。

【続きを読む】