2019.11.21 16:52

巨人・畠、児童福祉施設勤務の女性と結婚

巨人・畠、児童福祉施設勤務の女性と結婚

 巨人は21日、畠世周投手(25)が兵庫県出身で児童福祉施設に勤務する女性(23)と結婚したことを発表した。「永久(とわ)に夫婦」にかけた10月22日に東京都内の区役所に婚姻届を提出。畠は球団広報を通じ、「これからは一人の人生ではないのでお互いに支えあって頑張っていこうと思います」とコメントした。

 また、この日は川崎市のジャイアンツ寮で契約更改交渉に臨み、290万円ダウンの年俸1630万円でサイン(金額は推定)。

 今季は開幕ローテーション入りを果たしたが、7月中旬に右肘の遊離軟骨を摘出するクリーニング手術を受けて残りのシーズンはリハビリに費やし、「怪我をしないことが今年の目標でしたが、手術で長期離脱してしまい、悔しかった」と振り返った。

 オフは母校・近大などで練習し、岩隈からの助言により、初動負荷トレーニングの導入も決めた。「チームに貢献して、一年間けががないようにしたい」。本格派右腕として期待される男が、生涯の伴侶を得て飛躍を狙う。