2019.11.20 05:03(1/2ページ)

関大、47年ぶり決勝! 山口高志氏の教えで坂之下がV打/神宮大会

関大、47年ぶり決勝! 山口高志氏の教えで坂之下がV打/神宮大会

延長十回に勝ち越し二塁打を放つ坂之下。さあ、47年ぶりの頂点まで、あと1つ!

延長十回に勝ち越し二塁打を放つ坂之下。さあ、47年ぶりの頂点まで、あと1つ!【拡大】

 明治神宮野球大会準決勝(19日、関大8-7東海大、神宮)大学の部の準決勝2試合が行われ、関大(関西1)は東海大(関東2)に延長十回タイブレークの末、8-7で勝利し、47年ぶり2度目の決勝進出を果たした。十回に坂之下晴人内野手(2年)が勝ち越し打を放った。20日の決勝で、城西国際大(関東1)を6-1で下した慶大(東京六大学)と激突する。高校の部は20日の決勝で高崎健康福祉大高崎(関東)と中京大中京(東海)が対戦する。

 6-5から九回に追いつかれ、突入したタイブレークの延長十回。左翼手の頭上を越す勝ち越し打を放った8番・坂之下は二塁上で右拳を高々と突き上げ、感情を爆発させた。優勝候補・東海大を、8-7のルーズベルトゲームで撃破だ。

 「2ストライクとなって、普段なら逆方向に打つけど、その前までの打席で感覚的に内角ならロングが打てると思った。うまく対応できた」

 無死一、二塁から前を打つ倉川(4年)が送れず、見逃し三振。そんな嫌な流れをひと振りで断ち切った。今春のリーグ戦後にアドバイザリースタッフを務める元阪急の山口高志氏(69)から「お前は短く持つタイプなんだ」とアドバイスを受け、バットを握る位置はグリップエンドからこぶし1個分+指1本分。日頃から軽打を狙う“いぶし銀”が、機転を利かせて放った貴重な一打だった。

 大阪桐蔭高出身の2年生。今大会前には元主将・福井(慶大)、徳山、岩本(ともに早大)ら2017年春の甲子園優勝メンバー計7人で食事をし、旧交を温めた。

【続きを読む】

  • 優勝候補の東海大に勝利し、喜ぶ関大ナイン
  • 【東海大-関大】六回、3番手でマウンドに立ち、5者連続三振を奪う好投を見せた関大・肥後皓介=神宮球場(撮影・加藤圭祐
  • 7回、逆転の3点適時二塁打を放つ関西大・久保田拓真=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 7回、逆転の3点適時二塁打を放った関西大・久保田拓真=神宮球場(撮影・加藤圭祐)