2019.11.20 05:02

“ポスト秋山”出てこい!西武・松井2軍監督が競争促す「順番待っていても回ってこない」

“ポスト秋山”出てこい!西武・松井2軍監督が競争促す「順番待っていても回ってこない」

松井2軍監督(左)とスマイルランドの渡辺代表取締役(右)。ランボルギーニの前で記念写真におさまった (撮影・花里雄太)

松井2軍監督(左)とスマイルランドの渡辺代表取締役(右)。ランボルギーニの前で記念写真におさまった (撮影・花里雄太)【拡大】

 西武は19日、2軍の本拠地で、改修工事中の西武第二球場の名称が、来年3月1日から「CAR3219(カーミニーク)フィールド」に変更されると発表した。会見に出席した松井稼頭央2軍監督(44)は生まれ変わる本拠地を背に、“ポスト秋山”の出現に期待を寄せた。

 「順番を待っていても回ってこない。競争なので、若い選手が1軍のレギュラーに『力をつけてきたな』と思われるようにしないといけない」

 西武は今季リーグ2連覇を達成したが、リードオフマンの中堅・秋山が米大リーグ移籍を目指しており、戦力ダウンは必至の情勢。守備範囲の広い金子侑が左翼から中堅に回ることが有力視されるが、空いた“1枠”を巧打の愛斗、俊足の鈴木、大砲候補の戸川らが争う構図となっている。

 「春は厳しい(2軍の高知・春野)キャンプになると選手に伝えた。初日からシートノック。投手には打撃投手に入ってもらう」と松井2軍監督。若手の台頭なくしてリーグ3連覇の道はない。 (花里雄太)

★来年3・1から25年2・28まで

 ネーミングライツ(命名権)契約を締結したのは、車の買い取りや販売を行う専門店「CAR3219」を経営するスマイルランド(埼玉・川越市)。西武第二球場の命名権契約は初めてで、期間は来年3月1日から2025年2月28日までの5年間。球場は改修工事中で、バックネット裏に約240の観客席、左翼スタンドに大型ビジョンが設置され、来年7月に稼働が始まる予定だ。

  • 西武・愛斗
  • 西武・鈴木将平
  • 西武・戸川大輔
  • 西武・期待の若手外野手3選手を比較!