2019.11.18 05:03(1/2ページ)

山田哲が逆転世界一弾!侍ジャパン、前回大会の韓倒リベンジで10年ぶり頂点/プレミア12

山田哲が逆転世界一弾!侍ジャパン、前回大会の韓倒リベンジで10年ぶり頂点/プレミア12

特集:
侍ジャパン
優勝を決め、歓喜の輪をつくる侍ナイン。主要国際大会での頂点は2009年WBC以来だ(撮影・福島範和)

優勝を決め、歓喜の輪をつくる侍ナイン。主要国際大会での頂点は2009年WBC以来だ(撮影・福島範和)【拡大】

 第2回プレミア12 決勝(17日、日本5-3韓国、東京D)決勝が行われ、稲葉篤紀監督(47)率いる日本(2次ラウンド1位)は韓国(2位)に5-3で逆転勝ちし初優勝を果たした。二回に山田哲人内野手(27)=ヤクルト=が今大会1号の逆転3ランを放ち、勝利に貢献。3本塁打13打点をマークした鈴木誠也外野手(25)=広島=が最優秀選手(MVP)に選ばれた。2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来、10年ぶりの世界一。20年東京五輪での金メダル獲得へ、弾みを付けた。

 左翼席に弾丸が突き刺さると、山田哲は拳を握り、珍しく感情を爆発させた。1-3の二回2死一、二塁。韓国のエース・梁●(=王へんに玄)種に対し2ストライクからファウルで3球粘り、最後は直球を振り抜いた。

 「『やってやったぞ!』という気持ち。ずっと悔しい思いをしていた。心の声が体に表現されました」

 大会1号は殊勲の逆転3ラン。ぐるり360度、4万人超の観衆から浴びた「山田コール」に胸を張った。

 来夏の東京五輪を前に代表選考のたたき台となる今大会。当初のメンバーリストに山田哲の名前はなかった。所属するヤクルトの本拠地、東京で開催される夢舞台。肩を落としかけたその時、スマートフォンが鳴った。

 「ファーストはできるか?」

 稲葉監督の問いかけに「どこでもやります。よろしくお願いします」と即答した。

 すぐに日の丸を刺しゅうしたファーストミットを発注。宮崎合宿中は鈴木(広島)と張り合うように毎日特打に励み、井端コーチに志願して一塁守備のノックも受けた。

 しかし、中南米投手の手元で動く球に苦戦し、台湾での1次ラウンドは3試合で8打数1安打と今大会は不振が続いた。金子ヘッドは「足を上げる(打撃フォームの)打者は国際大会では難しいかも」と分析していた。

【続きを読む】

  • 3点本塁打を放つ山田哲人=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 秋山(中央左)に優勝トロフィーを手渡す山田哲(同右)=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)