2019.11.18 05:01

中京大中京・高橋が4安打完封!明徳・馬淵監督「松坂以上」/神宮大会

中京大中京・高橋が4安打完封!明徳・馬淵監督「松坂以上」/神宮大会

力投を見せた高橋。注目の逸材だ (撮影・土谷創造)

力投を見せた高橋。注目の逸材だ (撮影・土谷創造)【拡大】

 明治神宮大会第3日(17日、神宮)準々決勝が行われ、高校は中京大中京(東海)と高崎健康福祉大高崎(関東)、大学は城西国際大(関東1)と慶大(東京六大学)が準決勝に進んだ。中京大中京は高橋宏斗投手(2年)の好投で明徳義塾(四国)に8-0(七回コールド)で快勝。健大高崎は明豊(九州)に5-4でサヨナラ勝ちした。城西国際大は広島経大(中国・四国)に5-3で競り勝ち、慶大は東海大札幌(北海道)を9-0(七回コールド)で下した。

 プロ注目の右腕、中京大中京・高橋宏が4安打完封で七回コールド勝ちに導いた。「いい感じに力が入って、自分のリズムで投げられた」。自己最速となる148キロを計測した直球を軸に、毎回の10奪三振。敵将の馬淵監督は「この1年間、いろんな投手と対戦したけど、夏も含めてナンバーワン」とうなり、松坂(前中日)と比較して「ストレートはこっちの方がいいんじゃないの?」と大絶賛した。

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「一番の特徴は、148キロ出て力のある真っすぐ。プロ志望なら上位の評価になるでしょう」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 7回コールド負けを喫しスタンドへ頭を下げる明徳・馬淵史郎監督=明治神宮野球場(撮影・土谷創造)