2019.11.17 20:48

慶大、東海大札幌にコールド勝ち/明治神宮大会

慶大、東海大札幌にコールド勝ち/明治神宮大会

東海大札幌戦に先発した慶大・高橋=神宮

東海大札幌戦に先発した慶大・高橋=神宮【拡大】

 明治神宮野球大会第3日は17日、東京・神宮球場で行われ、第4試合の大学の部準々決勝、慶大(東京六大学)-東海大札幌(北海道)は、慶大が9-0七回コールド勝ちし、準決勝進出を決めた。

 慶大は、一回無死一、二塁でソフトバンク5位指名の3番・柳町達外野手(4年)が中越えの先制2点二塁打を放ち、その後も攻め続け、この回打者11人で6点を先行。三回には中日4位指名の4番・郡司裕也捕手(4年)が左越えの3点二塁打で追加点を挙げた。

 投げては、先発左腕・高橋佑樹投手(4年)から、3番手の楽天3位指名の右腕・津留崎大成投手(4年)までが7回を“0封リレー”で快勝した。

 柳町は、「つなぐ意識で打席に入り、打ったのはチェンジアップ。この感じでいきたい」と、2000(平成12)年以来、4度目の優勝へ意欲を見せた。

  • 東海大札幌戦の1回、適時二塁打を放つ慶大・高橋=神宮
  • 東海大札幌戦の1回、適時二塁打を放つ慶大・正木=神宮
  • 東海大札幌戦の3回、3点二塁打を放つ慶大・郡司=神宮