2019.11.17 05:01

東海大サヨナラ勝ち!来季から鷹で同僚の海野Vs東北福祉大・津森は三ゴロ失策…/神宮大会

東海大サヨナラ勝ち!来季から鷹で同僚の海野Vs東北福祉大・津森は三ゴロ失策…/神宮大会

 明治神宮野球大会(16日、神宮)大学の部1回戦は金沢学院大(愛知・東海・北陸)と東海大(関東2)が準々決勝に進んだ。金沢学院大は五回に6長短打を集めて5点を奪い、九産大(九州)を8-5で、東海大は東北福祉大(東北)に9-8で九回サヨナラ勝ちを飾った。

 ソフトバンクからD2位で指名された捕手・海野(東海大)と、同3位の右腕・津森(東北福祉大)が対決した。8-8の九回。失策で出塁したが、速球で三ゴロを打たされた海野は「球が速いし、動くのは頭に入れていたが、差し込まれた。いい投手だなと思った」。最後は2死満塁からのゴロを、津森が一塁へ悪送球し、サヨナラ負け。それでも「(プロ)1年目から(海野と)2人で出られるように頑張りたい」と向上心を燃やした。