2019.11.17 11:28

阪神・藤浪は2回3失点 紅白戦で最速153キロも2四球1暴投

阪神・藤浪は2回3失点 紅白戦で最速153キロも2四球1暴投

特集:
藤浪晋太郎
紅白戦 3回表、阪神・北條に適時打を浴びる藤浪=安芸市営球場(撮影・宮沢宗士郎)

紅白戦 3回表、阪神・北條に適時打を浴びる藤浪=安芸市営球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 高知・安芸キャンプ中の阪神は17日、2度目の紅白戦を実施。藤浪晋太郎投手(25)が紅組の2番手で三回から登板し、2回3安打2四球3失点1暴投、直球の最速は153キロだった。

 先頭の右打者・藤谷に左前打を許すと、続いて同じく右の熊谷にはストライクが入らずに四球。続く、左の木浪には足もとへあわや死球の暴投があって二、三塁にピンチを拡大したが二飛。続いて1死二、三塁では北條に右前2点打を許した。それでも、続く陽川を二併殺。四回は2死二塁から藤谷に左前適時打を許して3失点目を喫した。

 今季1軍登板1試合でプロ7年目で初めて未勝利でシーズン終了。このキャンプでは臨時コーチの山本昌氏からチェンジアップの指導を受けるなど、復活に向けて試行錯誤してきていた。