2019.11.17 22:03

【試合結果】侍ジャパン、韓国連破で10年ぶり世界一!山田哲が逆転3ラン/プレミア12

【試合結果】

侍ジャパン、韓国連破で10年ぶり世界一!山田哲が逆転3ラン/プレミア12

特集:
侍ジャパン

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」は17日、東京ドームで決勝が行われ、日本(2次ラウンド1位)が連覇を狙った韓国(2位)に5-3で勝利し、初優勝を果たした。

 先発の山口が一回に2本塁打を浴びて3点を先制されたが、その裏に4番・鈴木の適時二塁打で1点を返し、ニ回に山田哲が3ランを放って逆転。七回にも浅村の適時打で1点を追加し、突き放した。

 前夜に行われた2次R最終戦も10-8で日本が勝利。4年前の前回大会準決勝で逆転負けを喫し、初代王者をさらわれた相手を連破し、2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック以来10年ぶりとなる世界一に輝いた。

試合詳細へ試合日程へ代表メンバーへ


1回、金河成に2点本塁打を浴びた山口=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 一回、日本の先発・山口は先頭の李政厚に四球を与えると続く金河成に左翼席への2ランを被弾。韓国2-0

1回、金賢洙に本塁打を浴びた山口=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 2死後、5番・金賢洙にも右中間へのソロを許す。韓国3-0


1回、適時二塁打を放つ鈴木=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 その裏1死一塁から4番・鈴木が左越え適時二塁打を放つ。日本1-3


2回、投球する高橋礼=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 二回から2番手・高橋が登板。


2回、3点本塁打を放つ山田哲=東京ドーム(撮影・福島範和)

 その裏2死一、二塁から山田哲が左翼席への3ランを放つ。日本4-3


4回、投球する田口=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 四回から3番手・田口が登板。


6回、投球する中川=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 六回から4番手・中川が登板。


7回、投球する甲斐野=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 七回から5番手・甲斐野が登板。


7回、適時打を放つ浅村=東京ドーム(撮影・福島範和)

 その裏2死三塁から浅村が右前への適時打を放つ。日本5-3


8回、投球する山本=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 八回から6番手・山本が登板。


9回、投球する山崎=東京ドーム(撮影・甘利慈)

 九回から7番手・山崎が登板。3人で斬り、日本が勝利した。

優勝して喜ぶ日本ナイン=東京ドーム(撮影・甘利慈)


【日本・先発メンバー】
1番(一)山田哲
2番(遊)坂本勇
3番(中)丸
4番(右)鈴木
5番(指)浅村
6番(三)外崎
7番(左)近藤
8番(捕)会沢
9番(二)菊池涼