2019.11.16 05:04(1/3ページ)

抜け球なし!阪神・藤浪、右打者への死球“恐怖”克服に手応え

抜け球なし!阪神・藤浪、右打者への死球“恐怖”克服に手応え

特集:
藤浪晋太郎
ブルペンで腕を振る藤浪。今年最後の実戦へ予行演習完了や(撮影・松永渉平)

ブルペンで腕を振る藤浪。今年最後の実戦へ予行演習完了や(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神秋季キャンプ(15日、安芸)悪癖よ、さらば! 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が15日、17日の紅白戦(安芸)に向けてブルペンで98球を投げた。山本昌臨時コーチ(54)らが見守る中、最大の課題だった右打者を立たせたが内角への抜け球はなし。梅野隆太郎捕手(28)を相手に、今年最後の実戦へ“予行演習”をクリアだ。

 今キャンプ初めての光景に、ブルペンの空気が変わった。藤浪が43球を投げると、右打席に鈴衛ブルペン捕手が入る。見守った山本昌臨時コーチからは「ナイスボール!」の声も。好感触にうなずき、その逆には顔をしかめ、藤浪が“予行演習”を完了させた。

 「いい感じでは投げられていると思うので、それをしっかり出せるかどうかだと思います」

 今季のオープン戦では左打者ばかりを並べられる屈辱を味わうなど、右打者への抜け球が悪癖となっていた。今キャンプで山本昌コーチと二人三脚で制球難克服に段階を踏んで取り組み、ようやくたどり着いた最終チェック。この日は右打者を意識してか、外角や高めにそれる球もあったが、打者がのけぞるような内角への逆球はなかった。

【続きを読む】

  • 山本昌臨時コーチ(左)から指導を受ける藤浪。その成果を紅白戦で見せる
  • 2017年4月4日のヤクルト戦。藤浪の抜け球が畠山(右)を直撃
  • ブルペンで阪神・藤浪を指導する山本昌臨時コーチ=安芸市営球場(撮影・松永渉平)