2019.11.15 05:01

巨人・鍬原、サイドでキレキレ!上手投げと変わらぬ最速148キロ

巨人・鍬原、サイドでキレキレ!上手投げと変わらぬ最速148キロ

サイドハンドから投げ込む鍬原。転向初戦でいきなり結果を出した (撮影・谷川直之)

サイドハンドから投げ込む鍬原。転向初戦でいきなり結果を出した (撮影・谷川直之)【拡大】

 巨人は14日、宮崎秋季キャンプで、今年最後の実戦となるソフトバンクとの練習試合を行った。4-8で敗れたが、9日に横手投げに転向した鍬原拓也投手(23)が九回に登板し、1回をパーフェクトと好投した。

 「最初はストライクも入らないのかなと思いましたけど、ある程度はまとまっていて、ホッとはしました」

 原監督が捕手後方のタワーから見つめる中、7球全てストライクで三者凡退。最速148キロで、上から投げていた今季の最速150キロと変わらぬ数字をたたき出した。カットボールとフォークボールも投げ、転向を打診した指揮官も「気分よく投げているように見えましたね」と目を細めた。

 中学以来のサイドハンドにしてからは、宿舎でOBの斎藤雅樹氏やヤクルト・高津臣吾監督、元韓国代表・林昌勇氏ら右横手投げの動画を見あさる日々。今季はリリーフだったが、「与えられた所で結果を残したい。ただ、最終的には先発ローテーションに入りたい」と先発復帰への願望も口にした。オフを前に、2018年の「ドライチ」が希望の光を見つけた。 (谷川直之)

地元・宮崎でソフトバンク戦に先発し、2回を完璧に封じた巨人・戸郷「結果はよかったけど、スライダーが抜けたり、課題は見つかった」