2019.11.14 05:01

大学日本代表監督に九産大・大久保氏が就任 

大学日本代表監督に九産大・大久保氏が就任 

特集:
侍ジャパン
野球の大学日本代表監督に就任が決まり、抱負を語る九産大の大久保哲也監督=東京都内

野球の大学日本代表監督に就任が決まり、抱負を語る九産大の大久保哲也監督=東京都内【拡大】

 全日本大学野球連盟監督会の常任委員会が13日、東京都内で開かれ、大学日本代表の新監督に九産大の大久保哲也監督(57)の就任が決まった。2021年の国際大会まで指揮を執る。今季まで代表を率いた亜大の生田勉監督(53)は任期満了で退任する。

 現役時代に捕手だった大久保新監督は「従来の日本のオーソドックスなバランスのいい攻守を継続したい」と抱負を語った。2002年から九州産大監督に就き、14年ハーレム国際(オランダ)などで代表コーチを務めた。

 また、30日から松山市で合宿を行う大学代表候補46人も発表された。

  • 大学野球の監督会会長の中央学院大・菅原悦郎監督(左)は、次期大学日本代表監督に決まった九州産大・大久保哲也監督と握手(撮影・赤堀宏幸)