2019.11.14 05:02

梅野よ守護神勝ち取れ!ヤクルトのレジェンドクローザー高津監督が指令

梅野よ守護神勝ち取れ!ヤクルトのレジェンドクローザー高津監督が指令

ヤクルト・梅野雄吾

ヤクルト・梅野雄吾【拡大】

 ヤクルトの松山秋季キャンプは13日、第3クールがスタート。コンディション不良を訴えていた高卒3年目の梅野雄吾投手(20)が合流し、高津臣吾新監督(50)が来季守護神の座を勝ち取るよう厳命した。

 「(梅野に)リリーフをやってもらうのは間違いない。リリーフは全員それ(守護神)を目指すと思う。彼はやる気満々。結果を出して信頼を勝ち取ってほしい」

 現役時代にヤクルトや米大リーグのホワイトソックスなどで守護神を務め、日米通算313セーブを挙げた指揮官は、今季68試合に登板し、4セーブを挙げた最速154キロ右腕に期待。「後ろの七、八、九回を投げる3、4人はガチガチに固めていきたい」としており、梅野に絶対的守護神としての台頭を望んだ。

 梅野はこの日、キャッチボールやウエートトレーニングなど全メニューを消化。14日にもブルペン入りする予定で「低めに強い球を投げることが課題」と今秋のテーマを掲げた。 (横山尚杜)