2019.11.14 08:00

【小早川毅彦の打診球診】“落ちる球”でメキシコ打線ぶった斬り

【小早川毅彦の打診球診】

“落ちる球”でメキシコ打線ぶった斬り

メキシコ戦の5回を投げ終え、坂本勇(右)とタッチする今永=東京ドーム

メキシコ戦の5回を投げ終え、坂本勇(右)とタッチする今永=東京ドーム【拡大】

 第2回プレミア12 2次ラウンド(13日、日本3-1メキシコ、東京D)特筆に値する。日本の投手の“落ちる球”は100%、打たれなかった。今永のチェンジアップ、甲斐野と山本のフォークボール、山崎康のツーシーム。今永も山崎康も、握りはフォークに近い。その決め球で奪三振は計15個。痛快だった。

 メキシコ打線が、いつまでもストレート狙いを貫いたこともあり、追い込んだら、みえみえでも落ちる球。捕手・会沢とのバッテリー間で徹底されたことが、見事に成功した。

 かつて、外国人の投手には、フォークを投げるタイプが少なかった。手が大きくて投げにくい上に、肘を故障すると思い込んでいたからだ。しかし、今では一流の投手なら、スプリットなど落ちる球を使っている。その中でも日本の投手のそれは、世界的にハイレベルということだ。

 打線の組み替えも奏功して、初めて一回に得点した。序盤で優位に立ち、今永が六回まで抑え、充実したリリーフ陣で逃げ切る。日本が韓国戦に向け、最高の形を整えたことは間違いない。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ