2019.11.14 05:01

稲葉監督の采配ズバリ!4番・誠也を除く打順変更、左腕対策で右打者7人/プレミア12

稲葉監督の采配ズバリ!4番・誠也を除く打順変更、左腕対策で右打者7人/プレミア12

特集:
侍ジャパン
稲葉監督=東京ドーム(撮影・今野顕)

稲葉監督=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 第2回プレミア12 2次ラウンド(13日、日本3-1メキシコ、東京D)大胆シャッフルが、ズバリ的中だ。稲葉監督が前日12日の米国戦のラインアップから、4番・鈴木(広島)以外を全員動かした。クセの強いメキシコの先発左腕、ラミレスに対し、右打者7人のオーダーが機能し、一回から4安打を集める猛攻で攻略した。

 「きょうのお昼くらいにやっぱり浅村を3番にもってきた方がいいと。勇人の2番は決まっていたんですけど。左打者は(ラミレスの)あのシュートを打ちづらいということで」と指揮官は胸を張った。前日3三振の坂本勇は3安打、9番に置いた丸(巨人)は2打数1安打1四球で勝利に貢献。思い切った起用と分析力で大きな1勝をつかんだ。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • メキシコに勝利し、笑顔でインタビューに応じる稲葉監督=東京ドーム(撮影・今野顕)