2019.11.13 17:16

日本ハムD3位の京都国際高・上野が仮契約「守備でお客さんを呼べるような選手に」

日本ハムD3位の京都国際高・上野が仮契約「守備でお客さんを呼べるような選手に」

特集:
2019ドラフト情報

 日本ハムからドラフト3位で指名された京都国際高の上野響平内野手(18)が13日、京都市東山区の同校で仮契約をした。

 日本ハムからは、大渕スカウト部長と熊崎スカウトの2人が訪れた。契約金3500万円、年俸530万円でサインをした上野は「紙に氏名を書いて実感がわきました。打撃力もつけ、ショートの守備でお客さんを呼べるような選手になりたいと思います」と決意を口にした。

 大渕スカウト部長は「ボールコントロールの精度が高く、球界を代表するようなショートになってほしい」と大きな期待をよせた。