2019.11.11 05:03(1/2ページ)

最年長33歳必死!阪神・上本が志願の秋季C参加、ケース打撃で2安打

最年長33歳必死!阪神・上本が志願の秋季C参加、ケース打撃で2安打

ケース打撃で三塁に滑り込む上本。今キャンプ最年長の33歳は元気いっぱいだ(撮影・松永渉平)

ケース打撃で三塁に滑り込む上本。今キャンプ最年長の33歳は元気いっぱいだ(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神秋季C(10日、安芸タイガース球場)ケース打撃が行われ、阪神・上本博紀内野手(33)が三塁打を含む2安打を放った。志願して3年ぶりに秋季キャンプに参加しているメンバー最年長。二塁争いに向けて大きくアピールした。青柳晃洋投手(25)は山本昌臨時コーチ(54)から教わったシンカーを実戦形式で初めて投げ、手応えを示した。

 青く晴れ渡り、強い日差しが降り注ぐ安芸で快音を響かせた。上本が猛アピールだ。

 「結果で全て判断されるので。結果を残さないと意味がない」

 実戦を想定したケース打撃。まずは1死一塁からファウルのあと、望月から右中間への適時三塁打を放った。3度目の打席では再び望月から右前打を放ち、ただ一人マルチ安打を記録した。

 来季、復活にかける思いは強い。今季は62試合出場にとどまり、打率・192(104打数20安打)、1本塁打、6打点と苦しんだ。昨年取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留。秋季キャンプには志願して3年ぶりに参加している。矢野監督は「バッティングでアピールしていく選手になると思うので、そういう思いでこのキャンプに来ていると思う」と、参加メンバー最年長33歳の気持ちを代弁。再び二塁の定位置を狙うためにも、結果を出すことが必要だ。

 この日はバット以外でも魅せた。一塁から本塁までのベースランニングでは9・93秒を記録。10秒を切ったら速いとされる中、チームで上位のタイムをたたきだした。足で存在感を示すと、練習終盤の特打では肩の筋力アップのために打撃投手を務め、さらなるレベルアップを図った。

【続きを読む】

  • 三塁打を放った上本。二塁奪回に向けてアピールした
  • 打撃投手を務める上本
  • ロングティーも行い、精力的にレベルアップを図っている