2019.11.10 05:00

オリックス、4000万円投じデータ部門の強化

オリックス、4000万円投じデータ部門の強化

 オリックスが来季に向けて、約4000万円の資金を投じデータ分析部門の強化を進めていることが9日、分かった。これまではスコアラーチームと戦略データグループがそれぞれ対戦相手のデータを分析し、別々に管理されていたが、これを一括管理。今後は、スコアラーチームによる相手投手の変化球の変化量、キレ、球速などの情報が戦略データグループの映像と直接リンクする。選手や首脳陣は支給されているiPadで様々な情報を同時に確認できるようになる。