2019.11.9 05:05

佐々木朗希応援ツアー、12月にも募集開始 東北ファンから問い合わせ急増で実現

佐々木朗希応援ツアー、12月にも募集開始 東北ファンから問い合わせ急増で実現

ロッテ・井口監督と大船渡高・佐々木(右)

ロッテ・井口監督と大船渡高・佐々木(右)【拡大】

 ロッテが最速163キロ右腕の佐々木朗希投手(18)=大船渡高=をドラフト1位で指名したことを受け、岩手・大船渡市から来年2月の石垣島キャンプを訪れる“佐々木応援ツアー”の準備が進んでいることが8日、分かった。

 JTBでは、ロッテの石垣島キャンプを訪れるツアーを毎年実施。通常は羽田空港発着だが、参加者が希望すれば個別のルートも案内している。これまで名古屋や仙台などからの応募はあったが、大船渡からは前例がない。しかし10月17日のドラフト会議以降、東北方面からの問い合わせが激増。ツアー定員は約180人を予定しているが、大船渡をはじめ東北方面のファンが多数応募してくる可能性がある。

 JTBの担当者は「(岩手の)花巻空港は便数が少ないので、一度仙台まで出た方がいいのか、最良な方法を検討中です」と明かした。グラウンド内での見学など特典もあり、前年度は発売開始から約1カ月で完売した人気ツアー。来月12月にも募集を開始する予定で、準備を進めている。(浜浦日向)